助産院で里帰り出産

助産院で産む際の注意点を紹介

失敗しないための助産院の選び方

現在暮らしている場所での出産を考えているにしろ、里帰り出産を考えているにしろ、赤ちゃんを産むために大事なのは「母子ともに健康に出産を乗り越えること」です。この点において、現在暮らしている場所で、現在通っている病院や助産院で出産をする時は、そのまま継続して診察を受ければ良いのですが、里帰り出産をするとなると、色々リサーチをしておく必要があります。

特に里帰り出産で「助産院」を選びたい場合は、妊娠中に何度も通うことが難しい場合もあるので、使える手段は何でも使って情報を集めておくのが重要。では里帰り出産で赤ちゃんを産む場合の注意点にはどんなものがあるのでしょうか?

里帰り出産で助産院を選ぶ場合、先ず大事なのは「本音の口コミ」をしっかり集めることです。地元の友だちや知人にその助産院で出産をした人がいたら、良かった面と不安に思った面をしっかりと聞いておくことが大事。助産院はAさんという助産師さんが開設していれば、病院と違ってAさんは施設からいなくなることはないので、実際にその助産院で出産した人の口コミは情報として大事なのです。

例えば助産師さんの態度という面でも、病院であれば個人的に合わない助産師さんがいても、他のスタッフも多いですし、友人が嫌な思いをした助産師さんが、あなたの出産時にもその病院にいるかどうかはわかりません。しかし助産院については、友人が嫌な思いをした助産師さんは、必ずその施設に継続しているのです。この助産師さんに対する口コミについては、病院と助産院でかなり意味合いが異なるので注意が必要ですね。

また、病院での出産は大体相場があるので大まかな金額がつかみやすいですし、ある意味「ぼったくり」と思うこともされにくいのですが、助産院については、独自のサービスを展開している助産院もあるので、必ず費用相場を聞いておく必要があります。さらに支払いに関しても、病院ではクレジットカードが使えたり、出産一時金の直接支払い制度を利用できることが多いのですが、助産院ではそうした仕組みに対応していない施設もありますからね。

たとえ里帰り出産であっても、費用面と口コミ面についてはしっかり下調べをしておくのが大事です。

Copyright © 助産院で我が子を産むということ. All rights reserved.