• トップ /
  • 現在主流の葬儀について

ゆっくりとお別れが出来る葬儀

近年の葬儀事情は大きく変化を遂げています。日本では長らく葬式というものは、故人の家族だけでなく生前お世話になった方々が遠方から葬式に足を運ぶという風潮がありました。しかし、現在主流となっているのは「家族葬」と呼ばれる葬儀で通夜・告別式には家族のみが参列するものになっています。弔問客への挨拶や接待を行なう必要がないので、故人とゆっくりとお別れをする時間を持つことが出来る長所があります。また葬式費用も少額で抑えられるので残された家族の負担も軽減されます。

↑PAGE TOP