• トップ /
  • 子どもと一緒の葬儀用のバッグ

子ども連れ葬儀参列時のバッグ

葬儀の際に子どもと一緒だと、何かと手荷物が多くなり、選ぶバッグにも頭を悩ませやすいです。一人で何でもできる年代に入っていれば、状況の判断は意思疎通もできますが、まだ赤ちゃんや手のかかるうちは、何を言っても通じないことが多いのは、ある意味で仕方のないことです。葬儀に小さな子どもと一緒のとき、荷物が多くなり、葬儀用の小さなバッグでは間に合わないことも考えられます。確かにお葬式にはその場にふさわしい、洋服やバッグはありますが、臨機応変に失礼のない範囲での対処で大丈夫です。子どもがいれば荷物は増えて仕方のないことですし、周囲の人もその状況を見て、厳しい視線を向けたりすることもないです。荷物は最小限にして、荷物を入れる入れももにしても、できるだけ地味にすること、大きめの入れ物を用意するにしても、派手な柄は避けるようにするとよいです。荷物が多いと大変ではありますが、家族でのお葬式参列はあることですし、荷物を入れる袋は派手でなければ、周囲の人も温かい目で見てくれます。色柄などが気になるようなときには、大きな地味な風呂敷を用意して、お葬式の時だけは包んでおくなど、その時だけでききる対処で乗り切ることもできます。

↑PAGE TOP