• トップ

葬儀に子供は何を着ていく

葬儀は急であることが多いため、子どもに何を着せたらいいか迷うという方も多いのではないでしょうか。年齢別に葬儀参列する際のおすすめの服装を見ていきましょう。赤ちゃんや未就学児などの小さい子どもの場合は、なかなか黒い服や喪服を持っていることはないと思います。配慮をしているという気持ちが伝われば全身黒色にこだわる必要はなく、白やグレー、茶色など暗めの色でまとめれば大丈夫です。色が暗めでも、ジーパンやTシャツといったラフすぎるものは避けた方がいいでしょう。派手な柄のものは避け、無地やワンポイントなど、デザインも控えめのものがおすすめです。小学校・中学校・高校などの学生であれば、制服の着用が正礼装となります。入学式や卒業式に出るときと同じように、ブレザーやネクタイなどもきちんと着用するようにしましょう。なお、髪飾りや靴などが派手なものにならないように注意してください。学生でも制服がない場合は、小さな子どもと同じようにモノトーンなど暗めの色でまとめます。男の子は白シャツにベストやズボン、女の子は白ブラウスやカーディガンにスカートなど、制服のようなコーディネートがおすすめです。葬儀におかける喪服のマナーで一番大事なのは、故人を想い、お別れをする気持ちです。喪服を持っていなくても、できる範囲で控えめな服を選び、故人とその家族に対する配慮を忘れないようにしましょう。

↑PAGE TOP