助産院で里帰り出産

助産院で我が子を産むということ

助産院での出産するメリットとは

現代の日本で出産できる施設と言えば、第一に産科のある病院、そして自然分娩を大切にする助産院があります。産科のある病院には、医師と助産師、看護師がいて、それぞれが各々の役割を分担しています。一方の助産院は助産師が開設している施設で、医師は常駐しておらず、基本的に分娩に立ち会うのは助産師のみです(スタッフとして看護師がいることもあります)。

多くの妊婦さんが出産する施設として産婦人科を選ぶ中、助産院での出産というのも人気は衰えません。その理由は一体どこにあるのでしょうか。助産院で出産することのメリットは一体何になるのでしょうか。助産院での出産をお考えの方はこちらを参考にしてみてください。

第一に助産院では、産婦人科と比較して診察時間が長く、一人一人に丁寧に対応をしてくれる方針をとっていることが多いですね。病院での診察は基本的に待ち時間が長く、診察時間は短いという悲しい現実があるので、特に初ママにとっては不安を吐露する場所や時間がなく、不満に思うこともよくあります。そういった点に関して、助産院ではしっかりと妊婦さんに向き合ってくれるので相談に乗ってもらいやすい雰囲気があります。

さらには助産師さんの多くは自分自身も育児を経験しているので、妊娠・出産・育児についてなんでも相談することができるというのが嬉しいです。他にも、産婦人科には男性の医師が多いのですが、助産師はまだ圧倒的に女性が多いので、助産院を開設している人もほぼ100%が女性です。

つまり内診などの検査において、男性と出会う機会も少なくなるので不安や気分的なマイナス部分を感じる必要がないというのも大変嬉しいポイントです。あなたが初ママでなく経産婦さんであれば、上の子の育児について相談に乗ってもらえることはありますし、ママにとっては大変前向きになれる出産場所になっているとはっきり言うことができるでしょう。

もちろん、産婦人科には産婦人科ならではのメリットもあります。ただ一方で、自然にしたがった出産を大事にする助産院で産むことにも、大きなメリットがあることは間違いのない事実なのです。

Copyright © 助産院で我が子を産むということ. All rights reserved.